2016年5月25日水曜日

book356 『原爆供養塔 忘れられた遺骨の70年』 堀川惠子 (2015)

歴史は生き残った者たちの言葉で語られる

しかし戦争の最大の犠牲者は言葉を持たぬ死者たちだ


第47回大宅壮一ノンフィクション賞受賞




【概要】                                        

広島の平和記念公園にある原爆供養塔には、身元が分からない被爆者の遺骨がひっそりと祭られている。その数、およそ7万柱。戦前、この一帯には市内有数の繁華街が広がっていた。

ここで長年にわたって遺骨を守り、遺族探しを続けていた「ヒロシマの大母さん」と呼ばれる女性がいた。彼女が病に倒れた後、筆者はある決意をする──。

引き取り手なき遺骨の謎をたどる、本格ノンフィクション。氏名や住所がわかっていながら、なぜ無縁仏とされたのか? はじめて明かされる、もうひとつのヒロシマの物語。

※作者: 堀川 惠子(1969年 -、 47歳)、広島県生まれ。1993年に広島テレビ放送へ入社。報道記者・ディレクターを経て、2004年に報道部デスクを最後に退社。2005年よりフリーのドキュメンタリーディレクターとして映像番組を制作する。また、制作した映像番組の内容を文章作品としても発表している。wiki

「はじめて明かされる、死者たちのヒロシマの物語」-インタビュー・対談(本の話WEB 2015.05.31)

【読むきっかけ&目的&感想】           

第47回大宅壮一ノンフィクション賞(2016、書籍部門)を受賞した、という記事を1ヶ月ほど前に読んで知った本。

そのときにAmazonのマイリスト「読みたい本」に登録しておいた。このAmazonリスト、年に数回ほど整理するけどたまる一方だ。6年前に登録したけど未だに読んでいない、けど読みたい気持ちはあるのでリストから消去する気にはなれない、なんてモノまであるから当然だ。本書は登録後1ヶ月で読んでいるから、早いほう・・・(笑)

最近のニュースで、「オバマ大統領は、G7 伊勢志摩サミット (2016/5/26, /27)に出席したあとの今月27日に現職のアメリカ大統領として初めて被爆地、広島を訪問し、大々的な演説は行わないものの所感を述べる予定」だと報道されているのを見て、本書を思い出し読んでみた。

さくら好み ★★★★

2016年5月12日木曜日

book355 『火花』 又吉直樹 (2015)

「エジソンが発明したのは闇」
「エジソンが発明したのは暗い地下室」


「しゃあないから、
泣きタブに泣きの実入れて入ろ、
今日は泣き色にしよかな」
「もう、なんのこと言うてるんかわかりませんわ」



【概要】               

売れない芸人・徳永は、熱海の花火大会で、先輩芸人・神谷と電撃的な出会いを果たす。徳永は神谷の弟子になることを志願すると、「俺の伝記を書く」という条件で受け入れられた。奇想の天才でありながら、人間味に溢れる神谷に徳永は惹かれていき、神谷もまた徳永に心を開き、神谷は徳永に笑いの哲学を伝授しようとする。 wiki

【読むきっかけ&目的&感想】     

様々なメディアで話題になった本書だが、私の周りで読んだ人達からは芳しい感想が聞こえてこなかったので、読む気になれなかった。Amazonレビューを読むだけでゲンナリしてしまった、というのもある。・・・が、読んでみたら意外にも凄く面白かった(笑)

お笑いタレント(の又吉直樹)が書いた"純文学"、文芸雑誌『文學界 2015年2月号』が創刊以来はじめて再増刷、芥川賞を受賞、単行本が200万部以上売れた、Netflixでドラマ化される、などなど話題の種になった作品。発刊から一年以上たったけど、これだけ話題になったのだから、社会の鏡として読めば、仮に自分好みでなかったとしても面白いだろうと思って、今更ながら読んでみた。

図書館では、所蔵数が76冊もあるのに未だ2千人超の人が予約待ちしているので、知人に借りた。Netflixでドラマが放映される6月より前に読みたかったので、知人には感謝感謝だ。

さくら好み ★★★★