2015年11月1日日曜日

book333 『謎の独立国家 ソマリランド ~そして海賊国家プントランドと戦国南部ソマリア』 高野秀行 (2013)

終わりなき内戦が続き
無数の武装勢力や海賊が跋扈する
「崩壊国家」ソマリア
その中に
独自に武装解除し 十数年も平和に暮らしている
独立国家ソマリランドがあるという

果たして そんな国が本当に存在しえるのか?

【概要】                    


ソマリ人はアフリカの東端、一般に「アフリカの角」と呼ばれる地域に住んでいる。主に五つの大きな氏族に分かれ、かつての「ソマリア」の他、ジブチ、エチオピア、ケニアにまたがって暮らしている。

かつての「ソマリア」は氏族ごとに団結と分裂を繰り返し、現在は多数の武装勢力や自称国家、自称政府が群雄割拠しているが、大まかには「独立国家・ソマリランド」、「海賊国家・プントランド」、「戦国・南部ソマリア」に分けることができる。

『謎の独立国家ソマリランド』は、2013年に第35回講談社ノンフィクション賞を受賞。R-40本屋さん大賞ノンフィクション・エッセイ部門で1位



【読むきっかけ&目的&感想】              

内澤旬子さんの『飼い喰い』のあとがきで知った高野秀行さんが書いた本。面白そうだったので読んでみた。
*自身の作品も含めた「エンターテインメント的なノンフィクション」を、雑誌『本の雑誌』2007年8月号の誌上で「エンタメ・ノンフ」と命名。2009年1月には、宮田珠己、内澤旬子と「エンタメノンフ文芸部」を結成。 by wiki
さくら好み ★★★☆☆