2015年10月18日日曜日

book332 『バルサの食卓』 上橋 菜穂子・エッセイ, チーム北海道・レシピ (2009)

ファンタジー『守り人シリーズ』に登場する
異世界の料理 の 料理本


【概要】                    

バルサとチャグムが熱々をかきこんだ“ノギ屋の鳥飯”、タンダが腕によりをかけた“山菜鍋”、寒い夜に小夜と小春丸が食べた“胡桃餅”、エリンが母と最後に食べた猪肉料理…上橋作品に登場する料理は、どれもメチャクチャおいしそうです。いずれも達人の「チーム北海道」が、手近な食材と人一倍の熱意をもって、物語の味の再現を試みました。夢のレシピを、さあ、どうぞ召し上がれ。

「チーム北海道」の7人・・・<南極料理人>の西村淳さん①。そのお友達でカフェを経営するプロの料理人のイデ妙子さん②。西村さんの奥様のみゆきさん③、西村さんの妹さんの美子さん(企画を実行に移す力を持っているテレビ・ウーマン)④、彼らの友人でカメラマン渋谷さん⑤、器と着物のお店をやっている淳美さん⑥、お茶の達人高阪さん⑦。

【読むきっかけ&目的&感想】               

守り人シリーズを読んでいたとき、「ノギ屋の鳥飯」がいかにも美味しそうで、とても印象に残った。それを含めた守り人世界の料理が、南極料理人さん達によってレシピ化された本があることを知り、読んでみた。

さくら好み ★★★★

2015年10月10日土曜日

book331 『火星の人』 アンディ・ウィアー (2014訳・小野田和子)

ウィキぺディアの ぼくのページには
『マーク・ワトニーは 火星で死んだ唯一の人間』
と 書かれることになるのかもしれない

【概要】                    

The Martian (2014) by Andy Weir
つまりこういうことだ。ぼくは火星に取り残されてしまった。<ヘルメス>とも地球とも通信する手段はない。みんな、ぼくが死んだものと思っている。そしてぼくは三一日間だけもつように設計されたハブのなかにいる。 
もし酸素供給機が壊れたら窒息死。水再生器が壊れたら渇きで死ぬ。ハブに穴があいたら爆死するようなもの。そういう事態にならないとしても、いつかは食料が尽きて餓死する。 
ああ、まったく、最悪だ。 
ぼくはずっと、どうすれば生きのびられるか考えてきた。けっして完全に絶望的な状態ではない。約4年後にはアレス4が到着して、火星に人間がもどってくる。
著者のアンディ・ウィアーは、 カリフォルニアに素粒子物理学者でエンジニアの息子として生まれた。15歳で国の研究所に雇われ、現在までプログラマーとして働いている。

科学、とくに宇宙開発に強い関心を寄せ、初めて発表した小説が『火星の人』である。『火星の人』は、まず自らのサイトに公開され、その後キンドル版を発売。発売後3カ月で、35000ダウンロードを記録した。その後、2014年に紙書籍版が発売された。20世紀フォックスによる映画化が決定している。(2015/10/02アメリカ公開、2016/02/13日本公開・邦題『オデッセイ』)

『SFが読みたい』ベストSF2014発表!(2015/02/12) - 早川書房: BEST SF 2014[海外篇]  第1位 『火星の人』

【読むきっかけ&目的&感想】               

マット・デイモン主演で映画化されるとネット記事で知ったすぐ後に、Podcast: Rebuild で「訳がモダンな感じで面白かった」「結構こなれた感じありましたね」と、小説の日本語訳も褒めていたので読んでみた。
*Podcast: Rebuild Sep 18 2015 Aftershow 108: Professional Rebuilder (hak) (33:58 - 35:55) 
さくら好み ★★★★★

2015年10月4日日曜日

book330 『コンテンツの秘密 ぼくがジブリで考えたこと』 川上量生 (2015)

コンテンツとは何か?
クリエイティブとはなにか?
オリジナリティとはなにか?
コンテンツの情報量とはなんのことか?

【概要】                    

宮崎駿や高畑勲、庵野秀明など、トップクリエイターたちはどのようにコンテンツをつくりあげているのか? コンテンツの情報量の仕組み、マンネリを避ける方法、「高そうに見せる」手法など、ヒットコンテンツの背景にある発想のありかたを鋭く読み解く。ジブリ見習いプロデューサーにしてメディア界の若きリーダー、初のコンテンツ論!
目次 
第1章 コンテンツの情報量とはなにか?
     ――「脳に気持ちのいい情報」を増やす 
第2章 クリエイターはなにをアウトプットしているのか?
     ――「イケメン・美女」を描くのが難しい本当の理由 
第3章 コンテンツのパターンとはなにか?
     ――パターンをズラす、そしてお客とシンクロする方法 
    1 コンテンツの分かりやすさ
    2 パターンをいかにズラすか
    3 クリエイターはどこで勝負するのか
    4 いかにお客とシンクロするか 
第4章 オリジナリティとはなにか?
     ――天才の定義、クリエイティブの本質はパッチワーク

【読むきっかけ&目的&感想】               

『鈴木さんにも分かるネットの未来』のついでに読んでみた。

さくら好み ★★★☆☆