2015年9月26日土曜日

book329 『鈴木さんにも分かるネットの未来』 川上量生 (2015)

「ネットとはなにか、をぼくにも分かるように書いてくれ」
だれもかれもがネットに国境がないことを あたりまえに思っています
だれか懐疑的な検証をする人がいても いいのではないでしょうか

【概要】                    

スタジオジブリの小冊子『熱風』の連載(2012年11月号 - 2014年4月号、全18回)を加筆修正して出版。

著者: 川上 量生、1968年生まれ。91年に京都大学工学部卒業。同年、株式会社ソフトウェアジャパン入社。97年に株式会社ドワンゴ設立、代表取締役に就任。現在、同社代表取締役会長、株式会社KADOKAWA・DWANGO代表取締役会長、スタジオジブリプロデューサー(鈴木 敏夫)見習い。06年より株式会社ニワンゴでウェブサービス「ニコニコ動画」運営に携わる。

著者からのメッセージ: ぼくが師事するスタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーに入社当初から与えられていたテーマがあります。ネットとはなにか、をぼくにも分かるように書いてくれ、という命題です。 more info
目次: 
はじめに ネットが分からないという現象が生み出すもの  
ネット住民とはなにか
ネット世論とはなにか
コンテンツは無料になるのか
コンテンツとプラットフォーム
コンテンツのプラットフォーム化 
オープンからクローズドへ
インターネットの中の国境
グローバルプラットフォームと国家
機械が棲むネット
電子書籍の未来 
テレビと未来
機械知性と集合知
ネットが生み出すコンテンツ
インターネットが生み出す貨幣
リアルとネット
【読むきっかけ&目的&感想】               

Podcast「ジブリ汗まみれ」で、ジブリ・プロデューサー鈴木敏夫、ドワンゴ会長 川上量生、日本テレビ 依田謙一、堅田先生が、『鈴木さんにも分かるネットの未来』をテーマに話し合っているのを聞いて、もっと詳しく知りたくなって読んでみた。
*Podcast「ジブリ汗まみれ」は、映画「崖の上のポニョ(2008)」公開前にその情報を知りたくて聞き始めたに過ぎなかったが、ジブリ云々に関わらず面白かったのでそれ以降ずっと聞き続けている。
2015/07/27 「鈴木さんにも分かるネットの未来」をテーマに(前編)
2015/07/27 「鈴木さんにも分かるネットの未来」をテーマに(後編)
**Podcast: Rebuild Jul 01 2015 Aftershow 98 (23:30 - 30:30) でも話題にしてたな。こっちでの話も面白かった。
さくら好み ★★★★

2015年9月19日土曜日

book328 『飼い喰い 三匹の豚とわたし』 内澤旬子 (2012)

家畜にとっての「天寿」とは何なのか

著者からのメッセージ】         

 2007年に『世界屠畜紀行』という本を書きました.十数年間,牛や豚が肉となるところを見続け,彼らの「生前」の姿を知りたくなり,豚を自分で飼うことを思い付きました。

 『飼い喰い』は,養豚が盛んな千葉県旭市にひとりで家を借り,豚小屋を作り,品種の違う三匹の子豚を貰い名付け,半年かけて育て上げ,屠畜し,食べるまでの,養豚体験ルポルタージュです。

畜産の基本は,動物をかわいがって育て,殺して食べる。これに尽きます。三匹との愛と葛藤と労働の日々に加え,現代の大規模畜産での豚の受精,出産から食卓にあがるまでの流れも,併せて取材しています。豚肉を食べるすべての方々に,読んでいただきたいです。イラストもたくさんついてます。よろしくお願いします。 more info

【読むきっかけ&目的&感想】               

生き物を飼って殺して食べるという事にどう向き合ったかを、作者・内澤旬子を通して疑似体験してみようと思い読んでみた。

この本を知ったのは、既に放送終了してしまったTBSラジオ「ニュース探究ラジオ Dig」のポッドキャストでだった。それが2012年の春。同著者の『世界屠畜紀行 ~屠畜場イラストルポ(2007)』『身体のいいなり(2010)』が面白かったのでいずれ読んでみたいと思っていたが、ずいぶん時が過ぎてしまった。

さくら好み ★★★★★

2015年9月13日日曜日

movie608 『グッバイ・レーニン』 ドイツ/日本公開2003

ベルリンの壁崩壊!...は起こっていない?!

【概要】                    

原題: Good Bye Lenin! (2003/ドイツ) 121分

監督・脚本: ヴォルフガング・ベッカー

出演者: ダニエル・ブリュール、カトリーン・ザース

激動の時代、その変化に翻弄される東ベルリンの家族の姿を温かく綴ったファミリードラマ。ベルリンの壁が崩壊した時に昏睡中だった母親が、東西ドイツ統一直後に意識を取り戻すが、母にショックを与えないために、その息子・アレックスが東ドイツが消滅していないように奮闘するさまをユーモラスに描く。

本国ドイツで大ヒットし、ドイツ歴代興行記録を更新した。また第53回(2003年)ベルリン国際映画祭の最優秀ヨーロッパ映画賞(「嘆きの天使賞」)ほかドイツ内外の様々な映画賞を受賞した。

【IMDb】 7.7/10 from 107,393 users
【映画生活】 75点 /294人

【感想】                    

某テレビ番組で、「わたしたちは社会主義も資本主義も経験しているが、どちらにも良い面と悪い面がある。だが大切なのは平和であることだ」、というようなことを旧東ドイツ市民が答えているインタビューを数週間前に見た。それで何だか、旧東ドイツ市民にベルリンの壁崩壊がどう見えたかを知りたくなって見てみた。

さくら好み ★★★