2015年2月22日日曜日

book308, 309 『ウォーターシップ・ダウンのウサギたち 上/下』 (改訳新版2006) リチャード・アダムズ

つぎつぎと襲いかかる困難に
知恵と勇気と友情で立ち向かうウサギたち
命を賭けた戦いがはじまる・・・・・

【概要】                    

野うさぎを主人公に描いた児童文学作品で、リチャード・アダムズ (1920-) の処女作 (1972) である。タイトルはイングランドのハンプシャー州の北部にある丘の名前にちなんだもので、アダムズ自身が育った場所でもある。この物語は、もともとはアダムズが、田舎旅行の間自分の子供たち――二人の娘たち、ジュリエット (1957-) とロザモンド (1958-)――に話して聞かせた物語をまとめたもの。1973年にカーネギー賞とガーディアン賞をダブル受賞した。世界中をとりこにした名作が、今、改訳新版でよみがえる。

"Watership Down" (1972), Richard Adams.

【読むきっかけ&目的&感想】               

知人に面白かった本として教えてもらった。図書館で借りたんだけど、児童図書室ではなくティーンズコーナーにあったので、探すのに手間取ってしまった。見つけたときは、思ったより字が小さくてページ数が多いのにびっくりしてしまった(笑)。

さくら好み ★★★★

2015年2月12日木曜日

book301 - 307 コロボックル物語①~⑤、別巻、絵物語

みなさんはコロボックルを知っていますか?
北海道のアイヌに伝わる小人の一族です

身長はたった数センチ
とてもすばしこくて
人前にすがたをあらわすことをきらっていたようです



【概要】                    

▼ 佐藤 さとる・作  村上 勉・絵
日本ではじめての本格的ファンタジーの傑作。
book301 『だれも知らない小さな国  コロボックル物語①』 1959
小学校3年生の夏、ぼくはひみつの小山で、小指ほどしかない小さな人たちに出会った。それがコロボックルとの初めての出会いだった。
book302 『豆つぶほどの小さないぬ  コロボックル物語②』 1960
死にたえたといわれている伝統のマメイヌをさがそうと、コロボックルとせいたかさんが大活躍。コロボックルの新聞も発行される。
book303 『星からおちた小さな人  コロボックル物語③』 1965
空とぶ機械にのっていたコロボックルが、もずにおそわれて、地上にまっさかさま。人間の少年につかまってしまったが・・・・・。
book304 『ふしぎな目をした男の子  コロボックル物語④』 1971
コロボックルがどんなにす早く動いても見のがさない、ふしぎな目をした男の子がいた。コロボックルは、男の子とトモダチになる。
book305 『小さな国のつづきの話  コロボックル物語⑤』 1983
図書館づとめの正子が、コロボックルの娘とトモダチになった。二人の登場で、コロボックルと人間の世界は広がっていく。
book306 『小さな人のむかしの話  コロボックル物語別巻』 1987
コロボックルにつたわるむかしの話を、長老のツムジのじいさまが語ってくれた。さまざまにおもしろい。九つの短編集。

▼ 有川 浩・作  村上 勉・絵

book307 『コロボックル 絵物語』 2014
北海道に住む少女ノリコが、お母さんのお墓の近くで出会った「小さな生き物」・・・。
【読むきっかけ&目的&感想】               

知人お薦めの児童文学。最初の1冊を読んだらお話がとても面白かったし、挿絵もとても可愛らしかったので、続きも読むことにした。

さくら好み ★★★★

2015年2月1日日曜日

book298 - 300 日本語話者らしさ 英語話者らしさ

日本語話者らしい感性・・・ってなに?
英語話者らしい感性・・・ってなに?





【概要】                    

book298 『日本語と英語 その違いを楽しむ』 (2012 ) 片岡 義男

僕はこんなことを考え、生きてきた。主体の思考とアクション(動詞)に奉仕する言葉である英語。一方、世界をいつの間にかそのように出来上がっている「状態」として捉え、常に名詞的である日本語。その二つの言葉の間に身を横たえ、考え、楽しみ、書き続けてきた作家が、長年カードに書きとめてきたきわめて日常的で平凡な用例などをもとにして、その根源的な差異を浮き彫りにしていく画期的書き下ろし。

book299 『英語の感覚・日本語の感覚 <ことばの意味>のしくみ』 (2006 ) 池上 嘉彦

John showed Mary a photo.とJohn showed a photo to Mary.この2つの意味の差はどこにあるのか?一見同じような英文でも、場面や文脈によってニュアンスに差が出る。認知言語学の視点から、日本語との比較をふまえ、文法書や辞書だけでは決してわからない、英語の豊かな意味の世界に分け入る。英語らしさ・日本語らしさといった、言語に固有の感覚を明らかにしながら、ダイナミックに変化することばの本質を鮮やかに示す。


book300 『英語の発想・日本語の発想』 (1992 ) 外山 滋比古

英語の構造や語法、文体などにみられる、日本人の気づいていない発想上の特色を、日本語と対照させながら明らかにした好エッセー。

【読むきっかけ&目的&感想】               

某ゲーム交流のため2年ほど前から英語掲示板を使うようになり、苦手な英語でやりとりをするようになった。そうこうするうちに、相手の個性に加えて英語の感性にも興味を持つようになったので、それっぽい読みものを探して読んでみた。

さくら好み ★★★