2015年1月29日木曜日

book296, 297 『英国一家、日本を食べる』 (2013)   『英国一家、ますます日本を食べる』 (2014) マイケル・ブース

マイケル マイケルの妻リスン
息子のアスガー エミル という家族4人による
食べ歩き プラス 日本文化探訪の100日間


【概要】                    

市場の食堂から隠れた超名店まで、ニッポンの味を無心に求めて―東京、横浜、札幌、京都、大阪、広島、福岡、沖縄を縦横に食べ歩いた100日間。

マイケル・ブース> 英国・サセックス生まれ。トラベルジャーナリスト。フードジャーナリスト。枠にはまらない食への飽くなき好奇心と探求心が身上。2010年「ギルド・オブ・フードライター賞」受賞。パリの有名料理学校ル・コルドン・ブルーにおける1年間の修業とミシュラン三ツ星レストラン、ジョエル・ロブションの“ラテリエ”での経験をつづった“Sacr´e Cordon Bleu”は、BBCとTime Outにおいて週刊ベストセラーに。

原著 “Sushi and Beyond: What the Japanese Know About Cooking" (2010) Michael Booth
About Michael Booth  http://www.michael-booth.com/

【読むきっかけ&目的&感想】               

「YOUは何しに日本へ?」というテレビ番組に登場した”佐世保バーガーを食べに来たオーストラリア人 (YouTube) ”の話を妹にしていたら、「そういえば、これ面白かったよ」と教えてもらったので、さっそく読んでみた。あと『米国人一家、おいしい東京を食べ尽くす』も読んでみたい。

さくら好み ★★★★

2015年1月23日金曜日

book295 『ジェノサイド』 (2011) 高野和明

人類滅亡の危機!?

アメリカ映画的なエンタメ小説 ”
Genocide of One





【概要】                    

急死したはずの父親から送られてきた一通のメール。それがすべての発端だった。創薬化学を専攻する大学院生・古賀研人は、その不可解な遺書を手掛かりに、隠されていた私設実験室に辿り着く。ウイルス学者だった父は、そこで何を研究しようとしていたのか。

同じ頃、特殊部隊出身の傭兵、ジョナサン・イエーガーは、難病に冒された息子の治療費を稼ぐため、ある極秘の依頼を引き受けた。暗殺任務と思しき詳細不明の作戦。事前に明かされたのは、「人類全体に奉仕する仕事」ということだけだった。イエーガーは暗殺チームの一員となり、戦争状態にあるコンゴのジャングル地帯に潜入するが…。

初出 「野生時代」2010年4月号 ~ 2011年4月号

【読むきっかけ&目的&感想】               

以前「ホットゾーン」を貸してくれた友人に勧められたので読んでみた。

さくら好み ★★★★

2015年1月22日木曜日

移転してきました ♪

今まで私が使っていた @niftyココログフリー版では昨年の夏に広告表示位置の仕様変更があり、それが凄く邪魔な場所なので使いにくくなってしまった。私が契約しているプロバイダーは nifty なので、広告表示のない契約者用ココログに移転しようかとも思ったが、プロバイダーを変更し難くなってしまうので思いとどまった。で結局、広告表示のないこちら Google Blogger に移転する事にした。

▼ 旧ブログ
新しいこのブログ『さくらの映画/読書スイッチ new』では、別々に書いていた旧ブログを一つにまとめる事にした。そして旧ブログでタイトルに振っていた通番は、映画には movie 000、本には book 000 として引き継ぐことにした。