2017年3月25日土曜日

book362 『剣豪夜話』 津本陽  (2016)

[本書の目次]
第一話 近藤勇と比肩した男
第二話 永倉新八の竜尾の剣
第三話 明治政府の剣豪
第四話 江戸幕府最後の侍と明治維新
第五話 薩摩隼人と示現流
第六話 龍馬暗殺現場の試斬
第七話 見事の死にざま
第八話 柳生新陰流の極意
第九話 大東流・佐川先生の俤
第十話 夜半の素振り

【概要】                                        

歴史に名を刻んだ名剣士と、現代に生きる各流派の伝説的な武人。その壮絶な技量と圧倒的な人生を通して、日本人の武を考え抜いた作品です。著者の津本陽氏は、日本を代表する歴史、時代作家であるだけでなく、自ら剣道三段、抜刀道五段の腕前であり、武芸への造詣も大変深い作家です。本書には、津本氏本人の剣術修行の様子も詳細に描かれ、氏の「体験的武道入門」ともいえる内容です。

われわれの先人がいかに武を磨き、乱世を生き抜いてきたのか。津本氏は、戦中、戦後直後の殺伐とした空気のなかで、日本人の攻撃性は維持されたと書きますが、いま、テロに代表されるような「暴力の時代」が、再び訪れようとする嫌な予兆があります。武の心得とは何か、と問うときに、本書の持つ意味は大きいと思います。 (amazon)

【読むきっかけ&目的&感想】           

フレに薦められて読んでみた。

さくら好み ★★★★★


2016年12月25日日曜日

movie630 - 645, drama008 - 021 映画とドラマの備忘録

今年、・・・だけでなく去年も含まれてるwけど、家で見た映画とドラマの備忘録。

今年はとにかくアメリカドラマの一気見を本当によくした。TV画面をPCとつないでデュアルディスプレイにした2011年以来、テレビ画面に映っているのはネットストリーミングということが多くなり、今では8割くらいそうだし、映画館に行く回数もどんどん減り、今年はとうとう一回も足を運ばなかった。「趣味の読書」もbook355 - 361とたった7タイトルしかない。

来年はどうなるかなぁ・・・?

※視聴したドラマタイトルにもdrama000と番号をつけて、このブログで何シーズンまで見たかを管理することにした。


2016年12月23日金曜日

book361 『獣の奏者シリーズ』 上橋菜穂子

決して人に馴れぬ孤高の獣と
それに向かって竪琴を奏でる少女

『獣の奏者 I 闘蛇編』(2006)
『獣の奏者 II 王獣編』(2006)

『獣の奏者 III 探求編』(2009)

『獣の奏者 IV 完結編』(2009)

『獣の奏者 外伝 刹那』(2010)


【概要】                                           

「リョザ神王国」と呼ばれる異世界の地を舞台とするファンタジー巨編。運命に翻弄される少女・エリンを軸に人と獣の関わりを描く。by wiki

【読むきっかけ&目的&感想】           

上橋菜穂子のファンタジーが面白すぎるので、未だ読んだことのなかったこのシリーズを読んでみた。

さくら好み ★★★★

book360 『鹿の王 上下巻』 上橋菜穂子 (2014)

【2015年本屋大賞 受賞作
第4回日本医療小説大賞 受賞作

おれたちは、身の内に、無数の命を飼っている。
――いや、飼ってるって言い方はよくねぇな。
無数の小さな命が住んでいて、
それが寄り集まって人になっておるんだろう。

森って言ったのは、そのことだよ。


人の身体も同じなんだよ。

ふだんは見るこたぁできねぇが、
おれたちの中には無数の小さな命が暮らしてるんだ。
おぎゃあ、と生まれたときから、
そいつらが、おれたちの中にいたのかどうかは、
おりゃ、知らねぇ。

でもよ、

後から入ってくるやつらもいて、
そいつらが、
木を食う虫みてぇに身体の内側で悪さをすると、
人は病むんじゃねぇかと思ってるんだ

【概要】                                        

強大な帝国・東乎瑠にのまれていく故郷を守るため、絶望的な戦いを繰り広げた戦士団“独角”。その頭であったヴァンは奴隷に落とされ、岩塩鉱に囚われていた。ある夜、一群れの不思議な犬たちが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生する。その隙に逃げ出したヴァンは幼子を拾い、ユナと名付け、育てるが・・・

【読むきっかけ&目的&感想】           

いやぁ~、読み始めてビックリしたんだけど、主人公が人間だった。てっきり、鹿、あるいは鹿っぽい架空の種族の物語かと思いこんでいたよw

昨年の本屋大賞を受賞してるけど、その時は「ファンタジー小説、かぁ・・・」と興味を持てなかった。その頃の私は、ファンタジーといえば海外モノ、おとぎ話の延長といった印象しか持ち合わせておらず、それも映画で観る程度で活字で読んだことは殆どなかったのだ。(本作が医療小説大賞を受賞していたのは、読み終わってから知った。)

その後、知人に同著者の「精霊の守り人」が面白いと教えてもらい読んだところ、ファンタジーに対する印象がガラリと変わった。和風/アジアっぽい世界観が散りばめられていること、主人公が「大人」だということに衝撃を受けた。それがすっごく面白かったので、「鹿の王」も読んでみたくなり読んでみた。

さくら好み ★★★★★

2016年10月11日火曜日

2016年10月2日日曜日

book357 『ブロックチェーンの衝撃 ビットコイン、FinTechからIoTまで社会構造を覆す破壊的技術』 ビットバンク株式会社・ 「ブロックチェーンの衝撃」編集委員会・馬渕邦美 (2016)

ビットコインへの拒否反応
それでも欲しいブロックチェーンの力

日経BP社
2016年6月13日 第1版第1刷発行

【概要】                                        

ビットコインなどの仮想通貨(暗号通貨)と、それを支えるブロックチェーンの技術は、社会の基本的な構造を大きく変える潜在力を持っている。15人の専門家が業界動向と将来展望、法制度、プラットフォームや暗号技術の詳細等を徹底解説!

【読むきっかけ&目的&感想】           

今年3月に「仮想通貨(暗号通貨)」に対する法的規制導入というニュース記事をいくつか読み、ビットコインについての詳細をググって調べるうちにブロックチェーンに興味を持った。が、なんの知識も持ち合わせていない私では、ネットだけではさっぱり理解できなかったので書籍を探したが、数年前の古いものしかなくガッカリしてた(・・・そのうちの数冊は一応読んだけど)。

----- ネット上にある情報あれこれ -----
◆2013年12月11日
ビットコインの採掘とは実際には何をしているのか?

◆2013年12月16日
ビットコインの発行上限と、採掘量が減っていく仕組みとは具体的にどういうことか?

◆2014年1月27日
ビットコイン開発者が指摘するビットコインの最も重要な3つの特徴

◆2016年3月16日 宿輪純一 [経済学博士・エコノミスト]
“仮想通貨”は“通貨”になれるのか 最新の法改正から読み解く可能性と課題

◆2016年04月02日 東洋経済オンライン編集部 記者
「ビットコイン」の健全化で何が起きる? 放置から法整備へ、利用者の増加に期待の声

◆2016 年 4 月 8 日
ビットコインの技術、金融で使う実験が成功

◆YOU CAN TAKE THIS ONE TO THE BANK
What Is Money?
John Lanchester 21 April 2016
When Bitcoin Grows Up

◆6 16, 2016 - 17:49 UTC MITメディアラボ所長 伊藤穰一
フィンテック・バブル

◆2016年9月19日
ブロックチェーンも活用する“e国家”エストニアにみる戦略としてのIT
----- ----- -----

ところが最近、といっても6月だけど、最新の知見に基づいたブロックチェーンの本が出版されていることを知り読んでみた。

さくら好み ★★★★☆

2016年5月25日水曜日

book356 『原爆供養塔 忘れられた遺骨の70年』 堀川惠子 (2015)

歴史は生き残った者たちの言葉で語られる

しかし戦争の最大の犠牲者は言葉を持たぬ死者たちだ


第47回大宅壮一ノンフィクション賞受賞




【概要】                                        

広島の平和記念公園にある原爆供養塔には、身元が分からない被爆者の遺骨がひっそりと祭られている。その数、およそ7万柱。戦前、この一帯には市内有数の繁華街が広がっていた。

ここで長年にわたって遺骨を守り、遺族探しを続けていた「ヒロシマの大母さん」と呼ばれる女性がいた。彼女が病に倒れた後、筆者はある決意をする──。

引き取り手なき遺骨の謎をたどる、本格ノンフィクション。氏名や住所がわかっていながら、なぜ無縁仏とされたのか? はじめて明かされる、もうひとつのヒロシマの物語。

※作者: 堀川 惠子(1969年 -、 47歳)、広島県生まれ。1993年に広島テレビ放送へ入社。報道記者・ディレクターを経て、2004年に報道部デスクを最後に退社。2005年よりフリーのドキュメンタリーディレクターとして映像番組を制作する。また、制作した映像番組の内容を文章作品としても発表している。wiki

「はじめて明かされる、死者たちのヒロシマの物語」-インタビュー・対談(本の話WEB 2015.05.31)

【読むきっかけ&目的&感想】           

第47回大宅壮一ノンフィクション賞(2016、書籍部門)を受賞した、という記事を1ヶ月ほど前に読んで知った本。

そのときにAmazonのマイリスト「読みたい本」に登録しておいた。このAmazonリスト、年に数回ほど整理するけどたまる一方だ。6年前に登録したけど未だに読んでいない、けど読みたい気持ちはあるのでリストから消去する気にはなれない、なんてモノまであるから当然だ。本書は登録後1ヶ月で読んでいるから、早いほう・・・(笑)

最近のニュースで、「オバマ大統領は、G7 伊勢志摩サミット (2016/5/26, /27)に出席したあとの今月27日に現職のアメリカ大統領として初めて被爆地、広島を訪問し、大々的な演説は行わないものの所感を述べる予定」だと報道されているのを見て、本書を思い出し読んでみた。

さくら好み ★★★★